「読書力」感想 【おすすめ本】

齋藤 孝 (著) / 出版社 岩波書店 / 発売日 2002/9/20

あらすじ・内容

本を読むことの意味は何? 案外答えにくい問いに、「読書によって…の力がつく」という形で答えていきます。コミュニケーションの力、人間を理解する力、さらに、自分をつくり、鍛え、広げることと、読書との関わりを示します。工夫や注意点、楽しみと辛さも述べて、活字離れの現代、あらためて読書の本質を考える1冊です。

本の全編にわたって著者の読書への愛にあふれた本です。

読書がいいとは言うけれど、具体的に何がいいの?知りたいことがあるならネットで調べればよくない?

様々な意見があると思いますが、本書は著者の「本ならでは」の良さと読み方を説いています。著者の熱意がすごいのでちょっと圧倒されるとこともありますが、本を読むということの効用をこれでもか!と挙げてくれていて、この本を読むと本が読みたくなってきます。(ややこしい)

著者の本との付き合い方やおすすめの読み方にも紙面が割かれています。残念ながら私には合いませんが、本好きと一言にいっても読み方って自由だなーという気付きになりました。

少し中身をご紹介します。

本は人を作る

  読んだ本の関連書や同じ著者の本、著者のおすすめなど、興味を持って読んだ本をきっかけにして自分の関心が微妙にずれて広がっていく。

本よりも実際に体験することが大事という意見に対して

  本と体験は対立も矛盾もしない。本で読んで知ったことを切っ掛けに出かけたり、体験に行くこともある。

体験の意味を確認できる。

  生まれも育ちも違うのに自分と同じ体験をした人がいることを知ると自分が肯定されたように感じる。暗黙知(なんとなく分かっているという類の知識)を明確に言語化されてそれに共感することによって自己のアイデンティティの形成を助ける。

言葉が繊細に使えるほど、五感も研ぎ澄まされる。

誰も感じたことのない感覚やはっきり意識化できなかった間隔を、文学者が言葉にしてくれることによって把握できるようになる。

全体の感想

一つ一つの主張は目新しいものではありませんが(出版自体がかなり前ですし)、その主張に絡めて様々な本が紹介されていてどんどん読みたくなってきます。巻末にはおすすめブックリストなるものも。

読書の良さを主題にした本だけあって、いたるところに、それこそ全体に著者のおすすめ本の紹介ちりばめられていて、自分の世界を広める機会を多くもらったと思っています。この本を読み終わるまでに何冊ポチッたか、恐ろしい、、、。

知識を増やすというよりは、理解を深めてモチベーションを上げてくれる本だと思いました。

月に2冊以上読まれる方は、Amazon のUnlimitedを利用されるのもよいと思います。気持ちのまま購入するとお財布が死んでしまう、、、

対象になる本数は少なめですが、BOOK☆WALKERの読み放題もあります。

読書スタイルに合わせてご活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました