電子書籍サービス おすすめ3つ比較レビュー

この記事をご覧になる皆さんは、普段はどんな方法で読書をされているでしょうか。

最近では電子書籍も随分広まって、電子書籍を読んだことがないという人は少ないかもしれませんね。

でも、普段 電子書籍を使っている人でも、1つのサービスを使い続けていて、ほかの電子書籍サービスを触ったことがないという人も多いのではないでしょうか?

実際に使ってみると、どこも個性があって面白いですよ。

私が使っている3つの電子書籍サービスをご紹介しますので、もし興味を持たれたら覗いてみてください。

※電子書籍を購入の際は、ご自身の電子書籍リーダーで読めるかどうか、ご確認くださいね!

1.Kindle

2.honto

3.BOOK☆WALKER

1.Kindle
言わずと知れたAmazonの電子書籍サービスですね。
品揃え、購入のしやすさなど、ほかの電子書籍サービスに比べても非常に優れていますし、利用者が多いので本のレビューが多く集まっていて本選びの参考にしやすいのもポイント。

<独自のメリット>
Amazonが手掛ける電子書籍リーダーが低価格で販売されていて、電子書籍リーダーを持っていない人が電子書籍ライフ(?)を始めるのに初期費用が抑えられるでしょう。
また、本を読み終わったときに提示してくれる関連書籍の見易さ、購入しやすさは優秀。

<価格>
電子書籍の価格も、他より少し安くなっていることが多いです。
Unlimitedという定額の電子書籍読み放題サービスがあり、対象製品は限られますが、1000円程度でどんどん読めてお得です。

<本の管理>
Kindleは買いやすさには優れていますが、買った後の本棚(ライブラリ)の整理は他社のサービスと比べて煩雑な印象があります。漫画はシリーズごとに1まとめにしてくれるようになりましたが、それ以外はまだシリーズで紐づけされないで並びますし、「期間限定無料」で配布されて期限切れになった本(本棚にはあるけど開けなくなった本)の削除もワンクリックでできないのでどんどん散らかっていくんですよね、、、
もしKindleしか使ったことがなくて「電子書籍って扱いにくい」と思っている方がいるなら、一度ほかの電子書籍サービスを触ってみてください。
2.honto
大日本印刷株式会社が運営するハイブリット型書店 honto
何がハイブリットかというと、こちらは電子書籍と紙の本がどちらも購入できるサイトなんです。Amazonは別にして、電子書籍サービスを扱うところで紙の本も扱っているのは珍しい。
ブックツリーという、いくつかのテーマに沿っていろんな人が本を紹介する独特のサービスがあり、全く知らなかった本に出合う切っ掛けになります。

<独自のメリット>
ブックツリーで全くかかわりのなかったジャンルや知らない著者の本を知る機会を提供してくれます。
また、一度買った本の著者が新刊を出すとメールで知らせてくれてとても助かります。連絡不要の作者の場合は配信停止はメールからワンクリックでできてあっという間。

<価格>
基本的には電子書籍も紙の本も定価ですが、1000円以上購入で電子書籍が20%オフだとか、特定の出版社の電子書籍が50%オフになるクーポンが頻繁に発行されています。
紙の本のが3%オフになるクーポンもまれに出ます。

<本の管理>
見た目はKindleと変わりませんが、シリーズ物はすべて1まとめにしてくれて、その中に購入していないものがあると、そこを空欄にしてくれるので一目でわかります。新刊が出ていても気づきやすいですね(空欄ができるので)。
3.BOOK☆WALKER
ライトノベル、漫画を読むなら~と謳っている通り、ラノベや漫画の販売に力が入っていますが、それ以外の本でも品ぞろえは悪くないと思います。
Kindleやhontoに比べてストアの色遣いがちょっと派手だし、客層が違いそうな気がしてしまいますが、使ってみると細やかなところまで気遣いが見られて驚いたサイトです(失礼)。

<独自のメリット>
本を探すとき、検索ワードのサジェストが大量に出て便利です。あやふやな記憶で検索するならここが一番。
また、本の詳細を見に行くと、たいていの電子書籍サイトは「お気に入り/ほしいものに追加する」「購入する」の選択肢を提示してくれますが、それに加えて「もう持ってる」があり、他サイトで購入済み電子書籍を誤って買わないようにあらかじめ登録できる親切な機能がある。
最近気が付いたのですが、こちらで電子書籍を購入して読んでいると、自動で読書記録をつけてくれていました。他の電子書籍サービスにもこういった記録はあって、何日連続で読書したかなどがわかるようになっていますが、BOOK☆WALKERは何月何日にどの本を何ページ、何時間読んだかという、結構詳しい記録を残してくれていて、振り返りにはいいと思います。

<価格>
値段は基本的にhontoと同じで定価です。ただ、漫画の1巻無料などのキャンペーン、ポイント還元キャンペーンなどがよくあります。40%還元などたまにあるのでなかなかすごい。
また、平常時のポイント付与率は、先月の購入金額によって高くなっていくので、継続して本を買う方には魅力ではないでしょうか。

<本の管理>
独自の本棚での管理になっていて、慣れるまでは使いづらいかもしれません。(ほかのサービスと違いすぎるのでそう感じるだけでしょうけど)
仮想の本棚に、購入した本を好きなように並べられるようになっています。
本を購入する前に、いったん無料本かサンプルをダウンロードしてみて使ってみるのがおすすめです。ここで好き嫌いがかなり別れそう。私もいまだに戸惑います。

本棚が使いづらい場合は購入一覧から探してみてもいいかもしれません。購入日順、書籍名順、著者名順などで並べ替えられます。

各電子書籍アプリの使い方の詳細なども書いてみたいですね。

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました